利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は株式会社TechBowl(以下「当社」といいます。)が提供する「TechTrain」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本サービスの利用をお申込みいただく際は、事前に本規約を十分ご理解いただいた上でご同意いただくものとし、本サービスの申し込みを行った時点で本規約の内容を承諾したものとみなされるものとします。

第1条 (総則)

  • 本規約は、ユーザーと当社との間の本サービス利用に関わる一切の関係に適用されます。
  • ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用できません。
  • ユーザーが本規約に同意しユーザー登録を完了した時点で、当該ユーザーと当社との間で、本規約の諸規定に従ったサービス利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立します。

第2条 (本規約の改訂・変更)

  • 当社は、ユーザーへの事前の通知なしに本規約の内容を変更することがあります。
  • ユーザーが本規約の変更後も本サービスの閲覧・利用を継続した場合、当社は当該ユーザーが、変更後の本規約に同意したものとみなします。
  • ユーザーは、自己の責任において随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスをご利用ください。

第3条 (ユーザー登録・利用環境)

  • 本サービスには、本規約を遵守することに同意し、当社の定める情報を当社の定める方法により、当社に提供することによって、ユーザー登録を行うことができます。当社は、ユーザーに対し本人確認を目的として、保険証書や免許証の写し等の本人確認資料の提出を求めることができるものとします。
  • 当社は、当社所定の手続及び基準に従って、ユーザー登録の申請に対し登録の可否を判断し、登録を認める場合にはその旨をユーザーに通知し、これによりユーザー登録が完了します。なお、当社はユーザーに対して選考結果理由について、何ら説明する義務はないものとします。
  • ユーザーは前項で届け出た内容に変更が生じた場合には、当社に対し速やかに変更の届出を行わなければならないものとします。当該届出を遅滞または怠ったことにより、ユーザーに発生した不利益に対し、当社は一切の責任を負いません。
  • 本サービスの利用にあたり、ユーザーは、当社が指定する外部サービスを使用する場合があります。その際、ユーザーは、外部サービスやアプリケーションについては、それぞれの利用規約等に従って利用するものとします。なお当社は本サービスに関連して登録希望者が利用する外部サービスの安全性について一切責任を負いません。
  • ユーザーは、コンピュータ、Webカメラ及びマイク、ネットワーク環境等、本サービスの利用に必要な機器・環境を各自で準備することが必要です。
  • メンターは、当社の社員以外に、秘密保持契約を締結した業務委託者も含まれます。
  • ユーザーが以下の各号のいずれかに該当する場合には、当社は、ユーザー登録を拒否し、又は当該ユーザーによる利用を制限することがあります。
    • 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    • ユーザー登録にあたって当社に提供された情報の全部又は一部につき、虚偽、誤り又は記載漏れがあった場合
    • 申請者が、本サービスにつき利用停止措置を受けたことがあり、又は現在受けている場合
    • 過去に本利用契約その他当社との間で締結した契約に関し、当該契約に定められた義務の履行を怠ったことがある場合、その他本利用契約上の義務の履行を怠るおそれがあると当社が判断した場合
    • 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。)であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • その他、当社がユーザー登録を適当でないと判断した場合

第4条 (未成年者による利用)

  • 未成年者は、ユーザー登録の申請及び本サービスの利用その他一切の行為につき、親権者等の法定代理人の同意を得た上でこれを行うものとします。
  • 本規約の同意時に未成年であったユーザーが成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該ユーザーは、本サービスに関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

第5条 (本サービスの利用)

ユーザーは、本規約に定める目的の範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

第6条 (アカウントの管理)

  • ユーザーは、自己の責任において本サービスのユーザーID及びパスワード(以下、「アカウント」といいます。)を管理・保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。当社は、アカウントの一致を確認した場合、当該アカウントを保有する者として登録されたユーザーが本サービスを利用したものとみなします。
  • アカウントの管理不十分又は第三者の使用等による損害の責任は、ユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
    ユーザーは、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。なお、ユーザーは、同連絡を速やかにせずまた当社の指示等に従わないことにより生じる全ての損害等について責任を負うものとします。

第7条(通知)

  • 当社のユーザーに対する通知は、電子メールへの送信又は、当社指定のSNSへのメッセージ送信をもって行います。当社は、本サービスに関する情報等を電子メールでユーザーに通知する場合、ユーザーが当社からの電子メールの受信を拒否する設定をした場合でも、ユーザー登録されたメールアドレス宛に送信した時点をもって通知が完了したものとみなします。
  • 当社は、ユーザーがユーザー登録したメールアドレスに不備があったこと、ユーザーがメールアドレスの変更を当社に通知しなかったことまたはユーザーが適切に受信設定しなかったことに起因して当社からの電子メールがユーザーに届かなかった場合、同不到達に対して、一切責任を負わないものとします。なお、ユーザーは、同不到達に起因して生じるすべての損害等について責任を負うものとし、いかなる場合も当社を免責するものとします。
  • 本サービスに関するユーザーから当社への通知・連絡も、電子メール又は当社指定のSNSへのメッセージ送信によって行うものとします。

第8条 (メンターサービスの利用)

  • ユーザーは、当社が指定する形式で、メンターによるオンライン面談を受けることができます。
  • 面談実施日程は、あらかじめユーザーと当社が協議のうえ決定するものとします。
  • 当社所定の方法によって、面談前後に書面もしくは口頭でヒアリングを行うことに、ユーザーは同意するものとします。
  • 面談のキャンセルは、面談開始予定時間の24時間前までに当社の定める方法によりキャンセルの申し出を行った場合に限り認められるものとし、その後のキャンセルはできないものとします。
  • ユーザーが面談開始時間までにメンターに通知することなく無断欠席、もしくはキャンセルを合計2回した場合、本サービスの運営を妨害したものとし、ユーザーはその後の面談を受ける権利を失うものとします。なお、それによるユーザーに生じる損害等に関し当社は一切の責任を負わないこととします。
  • 担当メンターの指名および変更は当社の判断に基づき行います。
  • ユーザーは、本サービスを介してのみ、メンターによる面談(技術やキャリアに関する相談)を受けることが可能です。オンライン・オフライン問わず、当社所定の面談形式以外での接触は禁止します。
  • ユーザーは、メンターより当社所定の面談形式以外での接触やその打診を受けた場合、速やかに当社に報告するものとします。

第9条 (退会)

ユーザーは、当社の定める方法により退会申請を行うことで、本サービスの利用を終了することができます。なお、退会後は本サービスを利用することができなくなり、退会時に残存している本サービス利用に関する一切の権利、特典を失うものとします

第10条(秘密保持)

ユーザーは、本サービスに関連して当社がユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。
ユーザーは、当社から求められた場合はいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、前項の情報及び前項の情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。

第11条(ユーザーに関する情報の取扱い)

  • 当社は、ユーザー情報、その他本サービスの利用に関しユーザーから収集する情報を、別途当社が定めるプライバシーポリシーに従い適切に取り扱うものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  • 当社は、ユーザーが当社に提供した登録情報、端末情報等及びその他の情報及びデータ等を、当社の裁量で、本サービスの提供及び運用、サービス内容の改良及び向上等の目的のために利用し、又は個人を特定できない形での統計的な情報として公開することができるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  • 当社は、ユーザーがパートナー企業の採用に関する情報提供を希望するときは、ユーザーから収集した登録情報、面談サービスの利用内容、その他当該ユーザーに関する情報を必要な範囲において、パートナー企業に提供することがあり、ユーザーはこれに同意するものとします。
  • 前項の他、当社は、第2項に定める目的及び提携パートナーによる提携サービスの提供を目的として、本サービスを通じて収集・解析した情報に関する統計資料を提携パートナーその他の第三者に提供することがあり、ユーザーはこれに同意するものとします。

第12条 (著作権等)

  • 本サービスにおいて、ユーザーに提供するテキスト、ファイル・データ等の著作権、商標権等の一切の権利は当社又はメンターに帰属します。これらの一部または全部を許可なく複製、上演、送信、譲渡、貸与、改変等することは禁止されています。ユーザーが禁止行為を行った場合、民事上の措置(損害賠償等)及び刑事上の措置をとらせていただくことがあります。
  • 本サービスの利用にあたりユーザーが提出したソースコードの著作権は、当該ユーザーに帰属するものとします。ただし、ユーザーは、当社に対し、当社・当社の契約先が当該著作物を無償で使用することを予め許諾するものとします。なお、この場合、ユーザーは当社・当社の契約先に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

第13条 (禁止行為)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、自ら又は第三者をして、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならず、また、以下の各号の行為を直接又は間接に惹起し、又は容易にしてはなりません。

  • 法令又は公序良俗に違反する行為
  • 本サービスの誤作動を誘引する行為、運営妨害行為
  • 本サービスを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他本サービスのソースコードを解析する行為
  • 本サービスに接続されたシステムに権限なく不正にアクセスし又は当社設備に蓄積された情報を不正に書き換え若しくは消去する行為
  • ウィルス等の有害なコンピュータプログラムが実行されるまたは実行されるおそれのあるコードを送信する行為
  • 本サービスを複製、送信、転載、譲渡、貸与又は改変する行為
  • 当社、他のユーザーその他の第三者に成りすます行為
  • 他のユーザーのアカウントを利用する行為、アカウントの共同利用
  • 本規約及び本サービスの趣旨・目的に反する行為
  • その他、当社が不適切と判断する行為
  • 当社、メンター及びその他第三者の営業、名誉、信用、著作権・特許権・実用新案権・商標権及びその他の知的財産権、肖像権、プライバシーなどを侵害する行為
  • 本サービスを自己または第三者の営業のために利用する行為
  • 他のユーザー、メンター及び当社従業員に違法行為を勧誘または助長する行為
  • 他のユーザー、メンター及び当社従業員が経済的・精神的損害、不利益を被る行為
  • 犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為
  • 当社メンターへの嫌がらせや不良行為、面談の進行を妨げる等のハラスメント行為
  • 一般に開示していない当社やメンターに関する情報をメンターに詮索する行為
  • メンターに対する一切の勧誘行為
  • 当社または本サービスに対する誹謗中傷や他のユーザーへの嫌がらせの書き込みを行う等、本サービスの健全な運営を妨げる行為
  • 本サービスの他の利用者の情報を収集する行為
  • 本サービスを利用して行う商行為
  • 当社が事前に許諾しない本サービス内での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

第14条 (規約違反の場合の措置等)

  • 当社は、ユーザーが次の各号の一に該当し又は該当するおそれがあると判断した場合には、当社の裁量により、何の通知も行うことなく、当該ユーザーに対し、本サービスの利用の一時停止若しくは制限、アカウントの削除又は本利用契約の解除等の措置(以下「利用停止等」といいます。)を講じることができるものとします。その場合、利用停止および削除等関する質問・苦情は一切受け付けません。
    • 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    • 当社に提供された情報の全部又は一部につき虚偽の事実があることが判明した場合
    • 死亡し又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
    • ユーザーが20歳未満の未成年者、成年後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていないことが判明した場合
    • 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日又は別途当社が指定した期間を超えて応答がない場合
    • 本サービスの利用に際して、過去に利用停止等の措置を受けたことがあり又は現在受けている場合
    • 反社会的勢力等であるか、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
    • 本サービスの運営、保守管理上必要であると当社が判断した場合
    • その他前各号に類する事由があると当社が判断した場合
  • ユーザーは、利用停止等の後も、当社及び第三者に対する本利用契約上の一切の義務及び債務(損害賠償債務を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。
  • 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わず、利用停止等後も、当該ユーザーに関し当社が取得した情報を保有・利用することができるものとします。
  • 当社は、ユーザーが第1項各号に該当し又は該当するおそれがあると当社が判断した場合その他当社が必要と認める場合には、ユーザーに対し、違反行為の中止を求めることがあり、ユーザーは、当社が定める期間内に当該求めに応じるものとします。
  • ユーザーによる本規約違反行為その他本サービスの利用に起因して、当社に直接又は間接の損害が生じた場合(当該行為が原因で、当社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、ユーザーは、当社に対し、その全ての損害(弁護士等専門家費用及び当社において対応に要した人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。

第15条 (本サービスの変更・中断・終了等)

  • 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。
  • 当社は、事前に、当社所定の方法でユーザーに通知することにより、当社の裁量で、本サービスを終了することができるものとします。ただし、緊急の場合はユーザーへの通知を行わずに、当社の裁量で本サービスを終了することができます。
  • 当社は、以下の各号に掲げる事由の一が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの一部又は全部を一時的に中断することができるものとします。
    • 本サービス用の通信機器設備等に関わるメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合
    • アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合
    • ユーザーのセキュリティを確保する必要が生じた場合
    • 電気通信事業者の役務が提供されない場合
    • 天災等の不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
    • 火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本サービスの提供が困難な場合
    • 法令又はこれらに基づく措置により本サービスの運営が不能となった場合
    • その他前各号に準じ当社が必要と判断した場合
  • 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第16条(免責事項)

ユーザーは、以下の各号に掲げる事由に起因または関連して生じた一切の損害について、当社がいかなる賠償責任も負わないことに同意するものとします。

  • 本サービスの利用に際する、ユーザーの特定の目的への適合性
  • 第三者による、ユーザー登録した情報への不正アクセス及び改変など
  • 本サービスを通じて学習した内容の有効性、正確性、真実性等
  • 本サービスに関連して受信したファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合
  • パスワード等の紛失または使用不能により本サービスが利用できなかった場合
  • 本サービス上で提供するすべての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等
  • 本サービス上で利用した第三者のサービスの完全性、正確性、最新性、安全性等
  • ユーザーが作成したソースコードの有効性ならびに安全性及び正確性等
  • 本サービスの利用に関して、ユーザーまたは利用者がサービスを利用したことまたは利用できなかったことに起因する一切の事由

第17条 (権利義務の譲渡禁止)

  • ユーザーは、当社の書面による事前の承諾がある場合を除き、本利用契約に基づくユーザーの権利若しくは義務、又は本利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。
  • 当社が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は当社が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、本サービスに関する本利用契約上の地位、権利及び義務並びにユーザー情報その他のユーザーに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、予めこれに同意するものとします。

第18条 (分離可能性)

  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該無効又は執行不能と判断された条項又は部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。当社及びユーザーは、無効等部分を適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨及び法律的・経済的に同等の効果を確保できるよう解釈されるものとします。
  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

第19条 (準拠法及び合意管轄)

本規約は日本法に準拠し、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2019年1月7日 本規約制定】